産後にできてしまった妊娠線を消す方法


産後の妊娠線を消す方法

妊娠中はお腹が張り始めてから毎日欠かさず妊娠線予防クリームやオイルを塗っていたけど、妊娠線ができてしまったという方は意外と多いものです。

できてしまった妊娠線は消すことができないとあきらめてしまいがちですが、今からでも全然間に合います。

ここでは産後にできてしまった妊娠線を消す方法について紹介しているため自分に合ったやり方でお腹をきれいにすることができますよ。

産後に妊娠線を消す方法

1.妊娠線ケアクリームを使う

手軽に妊娠線を消すなら「妊娠線ケアクリーム」のキラリボーテがおすすめです。できてしまった妊娠線を薄くすることに特化した「レジストリル」という成分が配合されているため、妊娠線ができて数年経過したお腹でも効果が期待できます。

お腹だけでなく腰や太もも、お尻にできた妊娠線にも使用できるため気になる妊娠線はしっかりと薄くして行けますよ。

えり
えり

知り合いのママもキラリボーテで薄くできたという声が多いのでおすすめです。



>>キラリボーテの公式サイトはこちら

2.皮膚科でレーザー治療を受ける

皮膚科やクリニックではレーザー治療により妊娠線を消していくことができます。レーザーにはコラーゲンの生成を促す効果があるため、一度レーザーを照射してもらうとターンオーバーサイクルが早まります。

お肌に高周波をあてて熱が真皮を収縮させ、その後コラーゲンを再生させる治療方法です。皮膚の引き締め効果があり、お肌がすべすべになります。妊娠などの急激な体重の変化で皮下組織が裂けてひび割れて、出来てしまった妊娠線もこの方法により妊娠線を薄くしたり引き締めたりできます。

引用元:妊娠線|美容皮膚科 麻布皮フ科クリニック

ただし、保険適用外となっており一回当たり数万円単位の費用になるため、お金に余裕がある場合に最適です。

産後の妊娠線に関するQ&A

1.自然放置で妊娠線は消える?

妊娠線ケアクリームを塗ったり、レーザー治療を受けなくてもお腹の細胞は徐々に入れ替わるため、妊娠線は薄くはなります。しかし、薄くなるといっても少し程度でしかも時間もかかるため大きな変化は期待できません。

2.妊娠線ケアクリームとレーザー治療のどちらがおすすめ?

妊娠線ケアクリームとレーザー治療を比較した場合、レーザー治療の方が即効性がありますが、一回の照射で妊娠線がすべて消えるわけではありません。

ある程度は薄くなりますが最低でも2回以上は照射しないと妊娠線は消えないと言われているため、その分費用が高くつきます。

逆に妊娠線ケアクリームだとレーザー治療ほどの即効性はありませんが着実にお腹をきれいにしていくことができます。

えり
えり

最初は妊娠線ケアクリームを使ってもしあまり効果が実感できないならレーザー治療を検討するのもありです。

>>【妊娠線ケアクリーム】キラリボーテの公式サイト

3.産後の妊娠線がかゆい時はどうしたらいい?

妊娠線の部分が痒くなるのは肌の乾燥、もしくは炎症を起こしているためです。対策としては妊娠s年ケアクリームを塗って保湿力を高めることが効果的です。

4.ニベアで妊娠線は消すことができる?

ニベアのクリームは保湿力を高めてくれる効果はありますが、肌のターンオーバーを促進してくれる働きはないため、妊娠線を消すことができません。

5.オイルで妊娠線を消すことはできる?

残念ながらオイルは保湿力を高める効果しかないためコラーゲンの生成を促進する効果はありません。ただ、産後のお腹が乾燥気味ならば使っておくことで妊娠線が悪化することを予防することにはつながります。

>>記事の最初に戻る

コメント

タイトルとURLをコピーしました