【肌に優しい】妊娠線予防オイルランキング


妊娠線を予防するためには肌の保湿力を高めることが一番大切です。ここでは妊娠線予防オイルを取り上げて紹介するためぜひ参考にしてみてください。

1.AMOMA マタニティオイル

100%植物性で原料に米ぬかを使用しているため日本人の肌になじみやすいのが特徴。また保湿力に優れているマカダミアナッツオイルを配合しているためしっとり感を高めることができます。

配合オイル:ライスオイル、マカダミアナッツオイル、パルマローザ、フランキンセンス、マンダリン

>>amazonの販売ページ

>>楽天の販売ページ

2.ヴェレダ マザーズ ボディオイル

世界中の妊婦さんに愛用されているオイルです。美容効果の高いアーモンドオイルを豊富に配合しているため、肌のハリを高めることができます。

産後のお腹の引き締めにも使用できるため優れものです。

>>amazonの販売ページ

妊娠線オイルのメリット

妊娠線予防のアイテムとしてはオイル以外にはクリームやローションがありますが、その中でもオイルは最も保湿力に優れています。

また、長時間乾燥しにくいため乾燥肌の方には相性が良いのが特徴です。

妊娠線予防オイルのデメリット

妊娠線予防オイルは油なので肌がテカテカになるので、べたつきやすくなるというデメリットがあります。

なので、オイルを塗った後に下着を着ると下着にオイルが付着してしまいベタっと張り付いた感じになることがあります。

そのため、べたつきは嫌という場合には妊娠線予防クリームの使用が最適です。クリームの場合にはさらっとしているためべたつくことはほとんどないからです。

>>妊娠線予防クリームランキングはこちら

妊娠線予防オイルの使い方

オイルを塗るタイミングとしてはお風呂上りがおすすめです。お風呂上りは血行が促進していて、肌の表面に水分が付着しているためオイルの保湿効果をさらに高めることが期待できます。

※お風呂上りはお腹周りの水分を完全に拭き取ってしまうとオイルの効果を高めにくくなるので、ある程度は残したままにしましょう。

オイルを塗る際にはまず適量を手に取り、両手の手のひらで体温と同じぐらいの温度にまでなじませることで肌への浸透性を高めることができます。

次にへその中心に手を当てて円を描くように外側に向かってオイルを塗っていきます。

▼さらに詳しいやり方については以下の動画で解説しています。

助産師の妊娠線オイルの塗り方~お腹の妊娠線~

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました