【妊娠中の入浴】風呂の温度、入浴時間、水分補給について解説


✅妊娠中の入浴は妊娠前と変わらず今まで通りに入っても良いの?
✅気をつけなきゃいけないことは?
✅入浴剤を使いたいけど良いの?
✅温泉旅行に行こうと思ってた時に妊娠発覚…。

など妊娠中の入浴について意外と知らない方も多いのではないでしょうか。
病院で聞くようなことでもない気がしてどうしようか迷っている方に妊娠中の入浴についてご紹介します。

妊娠中のお風呂の温度は何度ぐらいが適切?

お風呂は思っている以上に体力を使うため予想以上につかれます。
またお風呂の温度は人によって熱いのが好きだったり、ぬるめでゆっくりしたり、シャワーがすくだったりなど好みがあります。

極端に温度が高かったり低かったりすると交感神経を刺激し血圧上昇などのトラブルにつながります。妊娠中は特に血圧の管理も重要になりますので少しぬるいと感じることもあるかもしれませんが、38度~40度が適切です。

 妊娠中に湯船に浸かっても大丈夫?温泉は?

妊娠中に湯船に浸かる行為自体は問題ありませんが、10分を目安に長風呂しないようにすることが大切です。
もちろん、10分以内でも気分が悪くなったりのぼせたりしたらすぐに上がりましょう。
ぬるめのお湯で半身浴が望ましく、肩にタオルをかけてお湯をかけながら入ることが理想です。

また、温泉について日本では「温泉法」という法律が定められており、昔は妊娠中の女性の温泉入浴は良くないので禁忌とされていました。
しかし近年では温泉が妊婦の身体に影響を及ぼす医学的な根拠はないと法改正で禁忌ではなくなりました。

ですが、自宅での入浴とは異なり温度の設定が高めであることや慣れない場所に加えて浴場が広いためにせっけん等が残りやすく転倒の原因にもなります。
これらを踏まえた上で入浴され場合は十分に注意が必要です。

「妊婦が温泉に行っても大丈夫ですか?」

結論から言ってしまうと、妊婦が入浴に温泉を利用することは、何ら問題ないことです。

引用元:日産婦医会報

 

結論から言えば、温泉も通常の家庭での入浴と同様になんら問題のないことなのです
温泉そのものが妊婦に悪影響を与えることは考えられません
妊婦さんたち、安心してください
温泉は妊婦さんにとっても、女性の健康と美容に素晴らしい効果をもたらす自然の恵みです

引用元:岩永レディスクリニック

上記のクリニックの引用にもある通り、妊娠中の温泉は問題はなくむしろ健康と美容に対して良いことが言及されています。

体調が悪い時も入浴するべき?シャワーだけでも良い?

体調が悪い時に無理に入浴する必要はありません。
浴室内と脱衣所の温度差でさらに悪化させてしまう場合も考えられます。
清潔を保つためにシャワーだけでも良いですが、体調不良の時は特に転倒のリスクも高まりのぼせやすくなりますので、ご主人等ご家族がいるときにされるのが望ましいでしょう。
また、切迫流早産など医師から特別に指示を受けている場合は従いましょう。

入浴剤を使うと浴槽内で滑りやすいので要注意

妊娠中の入浴に入浴剤を使うこと自体は問題ないとされていますが、香料の強いものはつわりを悪化させることも考えられます。
またとろみのあるもの、泡風呂は転倒につながるため避けたほうが良いでしょう。

滑り止めマットを敷いて転倒防止

インターネットや大手量販店では転倒防止マットが購入できます。
マットには浴室用(浴槽への出入りの際の転倒防止)、浴槽の底に敷くタイプがあります。
お子さんが生まれてからも滑り止めとして使えるのでマットを活用するのも良いでしょう。

入浴前後はしっかりと水分補給する

妊娠中は一日に約2Lの水分摂取が理想とされています。
妊娠することで汗をかきやすくなったり、つわりによって体外に出てしまう、羊水をきれいに保つため、血液循環を良くする為に妊娠していない時より多く水分補給することが必要になります。
普段の生活の中でも水分補給は大切ですが、特に入浴の前後は水分補給が重要となるため150㎖~200㎖(コップ一杯)の水分補給を意識してみてください。

入浴後の保湿対策

上記にも記載した通り妊娠中は水分不足になりがちです。内面的にも、外見的なお肌も同様です。顔はいつも化粧水・乳液・クリームでケアしてても身体はどうしたら良いの?とお悩みの方も多いでしょう。
ベビー用品が売っている場所やインターネットで保湿クリームを購入して使ってみるのが良いです。

胸やおなか、臀部など妊娠によって女性の身体は大きく変化します。
急に大きくなったことでいわゆる妊娠線ができてしまうこともありますが、これは妊娠線予防クリームを使うことで予防することができます。

>>おすすめの妊娠線予防クリームこちらで紹介

まとめ

妊娠中の入浴時のポイントについて詳しく紹介してきました。特に妊娠中は体重が増加してお風呂で滑りやすくなるので滑り止めのマットはできれば敷いておくのベストです。

▼妊娠中に関する他の記事

>>【期間別】妊娠中の楽に寝れる寝方まとめ

>>妊娠中のしんどい家事を楽にする方法まとめ

コメント

タイトルとURLをコピーしました