【妊娠4ヶ月】お腹の出方、赤ちゃん、つわり、体重管理の内容


妊娠4ヶ月目はつわりが軽くなり、食事量の増加と共イン体重も増え始める時期でもあります。

ここでは妊娠4ヶ月目のお腹の変化や体重、仕事、運動について解説します。

妊娠4ヶ月目のお腹

妊娠4ヶ月目あたりからは胎児の頭が大きくなるにつれて、子宮の位置が上がり始めます。

また、この時期から赤ちゃんがお腹の中で動く胎動を感じ始めます。

お腹が大きくなる分、肺が圧迫されるため呼吸をしにくいと感じることがあります。

おなかの張りはこの時期からどんどん張っていくためマタニティ用の洋服を今の内から購入しておくといいでしょう。

妊娠線予防についても妊娠4ヶ月目から始めておくことでしっかりと対策ができます。

こちらもよく読まれています

>>おすすめの妊娠線予防クリームはこちら

妊娠4ヶ月目のエコー

妊娠4ヶ月目のつわり

妊娠4ヶ月目を過ぎるとつわりの症状が軽くなってくるため、吐き気やだるさといった症状が緩和する人が増え始めます。

妊娠4ヶ月目の仕事はどうするか?

多くの方が妊娠3ヶ月目までには会社に妊娠の報告を済ませていますが、もし住んでいない場合にはすぐに済ませましょう。

また、報告が済んでいる方は4ヶ月目以降は無理をして体に負担がかかるようなことは控えることです。

妊娠4ヶ月目の運動

お腹が大きくなり始める時期なので体を激しく動かしたり、バランスをとる必要がある運動は控えて、シンプルにウォーキングをするのがおすすめです。その際には、足の負担を軽減するためにクッション性のある靴を履くようにしましょう。

こちらもよく読まれています

>>おすすめの妊娠線予防クリームはこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました