おすすめの妊娠線予防クリームランキング


妊娠線予防クリームランキング

妊娠中はお腹が大きく張るため皮膚に亀裂が入る「妊娠線」ができやすい状態です。

自分はできないはずという楽観的な考えの方もいますが、かなりの確率でできてしまうため毎日妊娠線予防が欠かせません。

そのため、ここではおすすめの妊娠線予防クリームをランキングでご紹介します。

保湿力に優れたものだけを厳選しているため妊娠線クリーム選びに失敗せずに済みますよ。

妊娠線予防クリームの選び方

妊娠中は肌が敏感になりやすい時期なので、配合されている成分ははだにやさしいなのか把握する必要があります。

無着色、無香料、ノンアルコールの表記があれば肌にはやさしいためこの記載がないかチェックしましょう。

また、保湿力の高い成分が配合されていることも重要なポイントです。妊娠線ができやすいのは肌が伸びるにつれて保湿力がどんどん低下していき、結果として亀裂が入るのでなるべく高い保湿力のある成分が配合されたものを選びましょう。

特に保湿力の高い成分としてはヒアルロン酸、コラーゲン、セラミドが挙げられます。

妊娠線予防クリームランキング

1.マタニティクリーム

エーエフシーのマタニティクリーム

数ある妊娠線予防クリームの中でも人気が高く実感力も高いのが「マタニティクリーム」です。

薄緑色のパッケージからも分かるように自然派なのが特徴。

そのため、香料・着色料・鉱物油などは不使用でどの肌質の方でも安心して使用ができます。無香料なのでつわりの時期でも気になることがありませんよ。

また、肌がじんわりと温ままる成分が配合されているため、冷えを予防することにもつながります。

※べたつかないクリームなので、下着や服を着ても嫌な感触にはなりません。

製造国 日本(日本予防医学研究所と共同開発)
香り アロマ
成分 葉酸、
お試しの有無 あり(3g×2回分)
一回当たり使用する量 サクランボ1粒程度の量

>>公式サイトはこちら

>>当サイトでの詳細記事はこちら

2.ママ&キッズ ナチュラルマーククリーム

ママ&キッズのナチュラルマーククリーム

ナチュラルマーククリームはとても肌に優しいクリームで実際に赤ちゃんに保湿のために塗っても問題ほどのクリームです。

スーパーヒアルロン酸、コラーゲン、セラミドなどの保湿成分がもちろんのこと、植物由来の成分が配合されているため肌の潤いと弾力性をバランスよく高めることができます。

今購入するとサンプルももらえるためお得ですよ。

ナチュラルマーククリームを使った妊娠中のボディケア
製造国 日本
香り 無香料
べたつき なし
成分 ヒアルロン酸、コラーゲン、セラミド、エラスチン、アルガンオイル、ツボクサエキス、カレンヂュラオイル
赤ちゃんへの使用 可能

>>公式サイトはこちら

>>当サイトでの詳細記事はこちら

3.ピジョン 保湿ボディケアクリーム~Amazonで人気~

Amazonで人気の高いクリームです。値段は高いのですが、その分容量が多いため出産後も使えるほどコスパに優れています。

※数ヶ月分の容量がありますが、1ヶ月に換算すると1500円程度になります。

製造国 日本
香り 無香料
べたつき 少ない
成分 ヒアルロン酸、グリセリン、セラミド、コラーゲン
赤ちゃんへの使用 可能

>>Amazonのページはこちら

>>当サイトでの詳細記事はこちら

妊娠線予防クリームの比較

商品名 価格 容量
マタニティクリーム 2800円 120g
ナチュラルマーククリーム 2916円 150g
ピジョン 保湿ボディケアクリーム 6100円 470g

妊娠線予防クリームの使い方

クリームを塗るタイミングとしては朝とお風呂上がりに塗りましょう。

クリームを塗る際の注意点としてはお腹だけでなく、二の腕や太もも、腰にも塗ることです。なぜなら、お腹の皮膚が伸びると周囲の皮膚も伸びるためです。

また、お腹に塗る際には優しく塗りましょう。力を入れて塗るとおなかの張りが強くなってしまうことがあるためです。

以下はモデルの山田ローラさんの妊娠線についてのコラムですが、お腹以外にも妊娠線ができてしまったことが書かれています。

これで私も妊娠線は絶対にできるまい!と自信満々だったのに…ある日、腰周りを見たら絶句。横腹からぐるっと背中めがけて、バキバキに妊娠線が! あらためて体をよく見たら、胸の横側にも少し線が!

あぁ、思いもよらない場所にできてしまった。でも、考えたら確かに妊娠して体に訪れる変化はおなかだけにとどまるはずはなく、おなかにしかクリームを塗っていなかったことを反省。

Yahoo!ニュース:山田ローラのコラム

日々の生活での妊娠線予防の方法

1.肌の生成をサポートする成分を摂取する

妊娠中はお腹が張るため、肌の柔軟性を高めておかなければ妊娠線クリームだけでは十分な対策とは言えません。

肌の柔軟性はコラーゲンが大切になってくるため、その原料となるタンパク質やビタミンを十分に摂取する必要があります。

また、つわりの時にはあまり食べれない時期が続きますが、その際にはゼリータイプの栄養剤などで必要最低限の栄養を摂取することを心がけましょう。

妊娠線予防クリームQ&A

妊娠線予防はいつからするべき?

妊娠線の予防はまだあまりお腹が大きくなっていない時期から始めた方が良いです。体重の増加はゆるやかでなく急激に増加することがあるため、そういった際に妊娠線予防を怠っていると妊娠線がすぐにできることがあります。

また臨月は1番お腹が大きくなるため、いつも以上にクリームを塗って対策する必要があります、。

※妊娠4~5ヶ月目までに妊娠線の予防は始めましょう。

妊娠線ができているけど使うべき?

妊娠線がこれ以上できることを予防するためにも妊娠線予防クリームを塗っておくべきです。

また、クリームを塗っていたのにできた方はクリームの保湿成分が十分ではない可能性もあるため、ランキングで紹介しているクリームを試してみるといいでしょう、

クリームを使っても妊娠線はできる?

あくまでクリームは肌の保湿力と弾力性を高めて妊娠線を予防するものなので、絶対にできなくなるわけではありません。

仮にできてしまった場合には、クリニックのレーザー治療を受けることで妊娠線を消すことができます。

参考:大城クリニック

オイルとクリームのどっちが良い?

オイルも保湿力が高いので人によってはクリームよりも相性が良いと感じる方もいらっしゃいます。ただ、オイルは非常にベタつくため、塗った後にはオイルを吸収しても問題ない下着を着る必要があります。

>>妊娠線予防オイルの記事はこちら

クリームの値段が高い

妊娠線予防専用のクリームは一般的な保湿クリームと比較すると割高なのは否めません。なるべく安く済ませたいという場合には、ニベア(青缶)のクリームでも問題ありません。

ただし、妊娠線予防のクリームと比較すると若干保湿力は落ちます。

産後もクリームを塗るべき?

産後はお腹の張りがなくなるためクリームは塗らなくていいと思われるかもしれませんが、お腹の皮が余った状態になっており保湿力は低い状態です。

お腹の肌質が戻るまでは時間がかかるため、クリームを塗っておくことで乾燥を防ぐことができます。

妊娠線ができた場合はどうしたらいい?

妊娠線ができてしまうと治らないのではと思われるかもしれませんが、皮膚科やクリニックの治療を受けることで治すことは可能です。

主にレーザー治療や炭酸ガスを用いて血行促進とコラーゲンの成長を促進させることで妊娠線を薄くしていきます。
ただし、保険適用が効かないため全額自己負担となります。

参照:はなふさ皮膚科

正中線ができた場合はどうしたらいいい?

へその下の部分は妊娠中にメラニン色素の生成が促進されやすいため、正中線ができやすくなります。ただ、正中線は妊娠線と異なりできてしまっても産後にホルモンバランスが整ってくると徐々に薄くなっていく傾向にあります。

最終的にほとんど目立たない程度になりますがどうしても気になるという場合には皮膚科やクリックを利用するといいでしょう。

クリームのべたつきを抑えるにはどうしたらいいか?

妊娠線予防クリームはべたつきを抑えてあるものが多いのですが、それでも若干のべたつきはするものです。

どうしても気になってしまう場合には、塗った後にティッシュでべたついている部分を軽く拭きとることで服を着ても違和感を感じにくくなります。

副作用はないの?

妊娠線予防クリームは肌が敏感になりやすい妊婦さんのことを考えて作られているため肌に刺激を与えるような成分は配合されていません。

しかし、人によってはどうしても肌に合わず炎症やかゆみを引き起こしてしまうという可能性もあるため、その場合には使用を中止する必要があります。

まとめ

いかがでしたか?妊娠s年クリームの選び方やおすすめのクリームを紹介してきましたが、ぜひ自分に合ったものを吟味して選んでみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました