沐浴後の授乳の必要性と与えるタイミングについて


産院や出産前の母親学級で「沐浴の後には水分を与えましょうね」と教わったママさんもいることでしょう。

大人はお風呂上がりにお茶や水、牛乳などを飲んで水分補給しますが、赤ちゃんの水分補給もしっかりと行う必要があります。

そこで、「どのくらいあげたらいいの?」「どんなタイミングであげたらいいの?」など、沐浴後の授乳について解説していきます。

※意外と気を付けなければいけないのが、沐浴前の授乳ですがこちらについても解説しています。

沐浴後の授乳はなぜ必要?

大人よりも赤ちゃんは汗腺が多くたくさん汗をかくため、一日の終わりには沐浴をして清潔にしてあげます。沐浴をすると全身の血流が良くなって代謝も上がりますが体内の水分が汗となって抜けて行きます。

たくさんの汗腺から体の中の水分が出ると、水分が足りない状態になってしまうため、沐浴後は失った水分をしっかり補給してあげる必要があります。

沐浴後の水分補給は母乳・ミルクでいい?

新生児期や離乳食開始前で母乳・ミルクしか与えていない赤ちゃんの水分補給は授乳になります。離乳食を食べ始めるなどして、母乳やミルク以外のものを口にするようになったら、必ずしも授乳ではなく、白湯(湯冷まし)やお茶などで水分を補給してあげると良いでしょう。

ただし、注意したいのが糖分が多く含まれているものは控えることです。特に、イオンウォーターは大人はよく飲むので、赤ちゃんにも良かれと思って与えてしまう方もいるかもしれません。

イオンウォーターには糖分や塩分が多く含まれているので赤ちゃんの体重増加や口腔内の環境にも影響してきてしまう恐れがあります。
高熱や下痢の時などの脱水時にはイオンウォーターに似た、経口補水液を与える場合もありますが、その場合でも赤ちゃんに関しては医師の判断を仰いだ方が良いと思います。

上記をまとめると沐浴後の水分補給は授乳もしくは湯冷ましかお茶で十分です。

沐浴後の授乳のタイミングと流れ

1.沐浴後、汗をしっかり拭いてあげて風通りの良い部屋でクールダウンさせてあげる
2.(肌の保湿をするなどして)肌着、洋服を着せて、体を保温する。
3.快適な室温の部屋で授乳する

沐浴後すぐは全身の血流が良くなって体がほてり、発汗しています。なので沐浴直後に、ママの体温と同程度である母乳やミルクを飲むと、さらに体温が上がって発汗し、場合によっては不快になってしまうことがあるため注意が必要です。

そのため、沐浴後15~30分ほど時間をおいてから水分補給をさせてあげるのが適切です。

ミルクで水分補給させる場合

育児用ミルクは栄養素の配分が計算されているものなので、与えすぎには注意しなければなりません。
そのため、沐浴後のミルクはミルクを与えるタイミングに合わせる必要があります。タイミングがずれてしまう時には、沐浴後はお白湯(湯冷まし)もしくはお茶で水分補給してあげると良いでしょう。

沐浴前の授乳のタイミング

沐浴前に赤ちゃんのお腹が空いちゃった…なんてこともあるかと思います。
そんな時は授乳をしたり離乳食を食べてからお風呂といった流れになりますが、お風呂に入るタイミングは気をつけなければいけません。

お腹が満腹になってすぐに沐浴をすると、体を動かしたり血流がよくなった時に吐き戻してしまう恐れがあります。また、食後すぐは体力が奪われるので、すぐに沐浴をするとぐったりしてしまう場合もあります。
以下に、沐浴前の授乳のポイントや事例別オススメのタイミングを紹介しますので、参考にしてみて下さい。

☆授乳、食事の直後の沐浴は避ける:授乳・食後は30分程度体を休ませてから沐浴をする。

▼食後や授乳後すぐに眠くなってしまう場合
空腹時を避けて、ちょっと早めに沐浴し、クールダウンした後に授乳or水分補給・食事
▼ご飯を食べていないのに沐浴後すぐに眠くなってしまう場合
食事の時間を早めに見積もって食後30分程休んでから沐浴or食後少し休んで長湯はせずに沐浴し、授乳・水分補給。

沐浴後の水分補給に湯冷ましは必要?

「沐浴後は白湯(湯冷まし)を与えます」など育児書やネットの情報で見たことがある方もいるかと思います。湯冷ましとは、水を一旦沸騰させて容器に移すなどして飲める温度に冷ましたものをいいます。
最近はペットボトルの飲料水を使っているママさんもよく見かけます。

沐浴後は必ずしも「湯冷ましでなければならない」」授乳でなければならない」といったことは基本的にはありません。
どちらか一方でしっかり水分補給ができれば問題ありません。
沐浴後に水分補給として何を与えるかは、赤ちゃんの育ちやママの体の状態によります。

沐浴後にスムーズな水分補給を行う手順

沐浴前後はあれこれやらなければならないことがあって、バタバタしちゃいますよね。そこで、スムーズに沐浴、沐浴後のお世話、水分補給ができるよう、オススメの手順をご紹介します。

1.赤ちゃんをお風呂に誘う前に、お風呂場の脇や脱衣場にタオル、着替えセット(パパやママの分も)を用意しておく。
赤ちゃんのものはすぐに着られる状態にセットしておくと便利です。
保湿ローションなどもお忘れなく。

2.ミルクは粉を計量して哺乳瓶に入れておく。調乳用のお湯と、できれば湯冷ましを哺乳瓶と一緒に用意しておく。
※湯冷ましがあると、お湯で作ったアツアツのミルクを流水で冷ます手間が省けます。ペットボトルの飲料水でも構いません。

3.沐浴後に過ごすお部屋を風通しよく、快適な室温にしておく。

4.赤ちゃんをお風呂に誘って、長湯にならない程度に汗を流し、温まる。

5.沐浴後、セットしておいたタオルでしっかり汗を取り除き、保湿するなどして着替えさせる。

6.ミルクの場合は調乳し、汗が引いたら授乳もしくは湯冷ましやお茶で水分補給をする。

まとめ

以上、沐浴前後の授乳のポイントをご紹介しました。赤ちゃんとの心地よい生活の参考にして頂けたらと思います。

さいごに、赤ちゃんの水分補給だけでなく、ママさんやパパさんの水分補給もお忘れなく、してくださいね。
特に母乳育児中のママは体内の水分をたくさん持っていかれるので、喉が渇いたり水分不足になりがちです。
しっかりと水分補給を心がけたいですね。

>>もう一度最初から読む

■ミルクを作る手間を短縮したい方にはウォーターサーバーがおすすめ
>>ミルク作り・離乳食作りにウォーターサーバーが便利な理由

コメント

タイトルとURLをコピーしました