フォローアップミルクはいつから?メリットやデメリットも紹介


フォローアップミルクとは、粉ミルクの一種で離乳食で不足する栄養を補うためのミルクです。

新生児の頃から使う育児用ミルクとの違いは、育児用のミルクは体に必要な栄養分がこれだけで全て摂取できるもので、「完全栄養食品」と呼ばれています。

それに対してフォローアップミルクは、ある程度離乳食の進んだ赤ちゃんが、食事だけでは十分に摂れない栄養を「補う」ことを目的に作られているという点です。

フォローアップミルクは、離乳食で不足しがちな鉄分やカルシウム、ミネラルなどを強化した栄養分が豊富に含まれているため、極端な偏食や離乳食の進みがゆっくりな赤ちゃんに最適なミルクです。

フォローアップミルクはいつから?

フォロアップミルクを検討していると「完ミ・完母・混合で開始時期は異なるの?」と思われるかもしれませんが、基本的に完ミ・完母・混合だからといっていつから始めるのかに違いはありません。

フォローアップミルクはあくまで食事で足りない栄養分を補うことですので、育児用ミルクからすぐに移行するのではなく、まずは離乳食のリズムに赤ちゃんが慣れてから始めることをおすすめします。目安としては、少なくとも離乳食が1日2回はしっかりと食べられるようになってからがいいでしょう。

また、厚生労働省によると9ヶ月目以降に与えるとのがいいと紹介されています。

参考:厚生労働省(離乳支援のポイント)

フォローアップミルクは与えるべき?

フォローアップミルクは、あくまで離乳食でまかないきれない時や、赤ちゃんに食べムラがある場合に栄養を補うものですので、必ずしも与える必要はありません。離乳が完了して食事をしっかり摂れるときや、牛乳に移行した場合には飲ませる必要はありません。

牛乳は一歳前後から飲ませて良いので、牛乳に移行させることを考えるとフォローアップミルクを併用していく場合でも、通常は使用する期間はとても短いことがわかるかと思います。

食事でもある程度栄養が取れるようになってからこそ、フォローアップミルクの効果が得られますので、離乳食である程度栄養が摂れるようになるまでは母乳を欲しいだけ与える、粉ミルクを使用してきた方は育児用ミルクをそのまま使い続けましょう。

いつまで与えるといい?

フォローアップミルクはいつまでという決まりは特にないため長期間与えているからいけないということはありません。

市販のフォローアップミルクは3歳までの子を対象にしているため、長く与える場合には3歳までを目安にするのもいいでしょう。

ただ、実際にフォローアップミルクを与えていたママさんは1歳半ばで与えるのをやめたケースが多いため、一般的な傾向に合わせたいなら1歳半ばまでを目安にしましょう。

フォローアップミルクのデメリット

1.ミルク離れ、離乳食が遅れる可能性がある

フォローアップミルクは粉ミルクと同じように味は甘く赤ちゃんが飲みやすく作られています。赤ちゃんが好きな味で作られているため、牛乳への移行が難しくなる可能性があります。また、満腹感も出るので、食事が進まなくなることもあります。

2.お金がかかる

1リットルあたりで概算すると牛乳なら200円、フォローアップミルクだと300円程度になるため、金銭面での負担はフォローアップミルクの方が高くなります。

3.作る手間がかかる

牛乳であれば大人と同じように冷蔵庫から出して与えることができますが、フォローアップミルクは粉ミルクですので、育児用粉ミルクと同様にお湯を沸かして作る必要があります。

※ミルクを作るときにはお湯を沸かす手間がありますが、時短で済ませたないなら温水機能付きのウォーターサーバーを使うとすぐに王湯を出すことができるので楽ちんです。

こちらもよく読まれています

>>ミルク作りにウォーターサーバーが便利な理由

フォローアップミルクの2つのメリット

1.偏食・少食の赤ちゃんの支えになる

好き嫌いが激しく離乳食が全然進まない時や、定期健診などでフォローアップミルクを勧められたり、赤ちゃんの体重がうまく増えない時などには有効活用できます。

2.母乳が急に出なくなった時の補助として

離乳食を始めると母乳が急に出なくなったりすることはよくあることです。かといって、育児用ミルクに戻ったり、ずっと母乳で育ててきたお母さんには、新生児と同じ粉ミルクはどうなの?と思うことはありますよね。そんな時に一時的なサポートとしてフォローアップミルクを併用していくことは有効な手段です。

フォローアップミルクは必要なの?

一歳近くまでは、赤ちゃんは母乳や育児用粉ミルクを中心に、離乳食にチャレンジしていく生活です。一歳からは牛乳が飲めているようであれば、フォローアップミルクを赤ちゃんに飲ませる必要はありません。
つまり、一歳を過ぎても牛乳をはじめ乳製品の摂取ができていれば、フォローアップミルクは不要と言えるでしょう。

ただ、赤ちゃんによってはフォローアップミルクを飲んだ方が良いケースもあります。赤ちゃんが極端に少食でなかなか離乳食が進まない場合や、毎日同じ食材しか食べず、食べられる食材のレパートリーがなかなか増えない場合は、フォローアップミルクで補うことは有効な手段の1つです。

ただし、フォローアップミルクも赤ちゃんが飲みやすいように甘さがあり美味しく作られているので、そればかり飲んでいると満腹感が出てしまい、少食の赤ちゃんが余計に離乳食が進まなくなる原因にもなります。与える場合には目安量を守り、与えるタイミングを親がしっかり管理していく必要があります。

フォローアップミルクの与え方

メーカーにより表記の仕方に微妙な差異はありますが、生後9か月から3歳ぐらいまで飲めると言われています。フォローアップミルクは哺乳瓶で飲ませる必要はありません、赤ちゃんの飲みやすい方法で与えてください。

ストローやマグが使えるようになっていれば、徐々に挑戦して飲ませてあげると本人の成長にもつながり、ママの洗い物も楽になります。

どの程度飲ませてあげると良い?

一日に飲ませる量の目安は、生後9~12ヶ月頃で1日450〜600mL程度、それ以降はおやつのタイミングなどに1日400mL程度となっています。

フォローアップミルクは粉ミルクですので、栄養を意図的に多く含ませている食品です。特に鉄、ビタミンC、ビタミンE、葉酸は牛乳と比較して多く入っていますし、たんぱく質やカルシウムを過剰摂取してしまうと、腎臓に負担がかかってしまう場合があるため、目安量を超えて与えるのは避けましょう。

まとめ

フォローアップミルクは、あくまで離乳食からは十分に摂取できない栄養素を補うものです。成長盛りの赤ちゃんはいろんな栄養素をまんべんなく、バランスよく摂ることが大切です。使用する場合は離乳食がしっかりと食べられるようになってから、栄養を補うために飲ませてあげるという認識を忘れずに、管理して与えましょう。

こちらもよく読まれています

>>ミルク作りにウォーターサーバーが便利な理由

■関連記事

>>完ミのメリット・デメリット

コメント

タイトルとURLをコピーしました